〜きっと20年後、いまより元気でいられるはず!カラダと動きを学ぶ〜今まで自分のカラダのこと勉強してきましたか??正しくカラダを鍛えること。姿勢を整えること。これがダンス上達だけではなく本当の健康への近道です!!
東京 中央区八丁堀 スタジオ ティティのオーナー&講師のブログです。
日比谷線 京葉線 都営浅草線 有楽町線 東西線 銀座 豊洲子供習い事 ダンス  朝活 ピラティス
姿勢矯正と痛みをとる奇跡のエクササイズ。「エゴスキュー」腰痛、肩こり、PC病に効果絶大。
大人からはじめて夢中になれる本気の趣味。頑張る大人とがんばる子供の集まりです。☆初心者から経験者まで、エゴスキューは男性も大歓迎です☆
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 9月3日(火)はクリシュナイト と 楽屋の話。 | main | 今夜から振り付けクラススタート!そして今日の一冊。 >>
第88回 ベリーダンスと音楽の夜 アラディーンさんとの共演を終えて
みなさまこんにちは、YOSSYです!
8月31日土曜日は第88回 『ベリーダンスと音楽の夜』に出演させていただきました。

お越し下さった皆様、共演者の皆様、本当にありがとうございました!!!

いや、まずびっくりするのは

88

という数字です。
末広がりがゾロ目。

というだけではなくその回数に驚きを隠せません。
この企画はアラディーン(中東音楽アンサンブル)率いるウード奏者の松尾賢さんが毎月一回、主に日本で活躍するベリーダンサーを招いてやられているイベントで、88回ということはすでに7年以上!!続いているイベント。

すごいですよねー。。。ほんとに。





今回はウード、ベース、バイオリン、カヌーン、アコーディオン、ダルブッカ、レクという贅沢な大編成で踊らせていただき、それはもうたいそう贅沢な時間を過ごさせていただきました。

いまだに余韻覚めやらぬ感じで、CD音源に戻るのがつらーい!!!
バチっとはまった生演奏のステージはダンサーにとってはある意味麻薬みたいなもねですね。。

今回は直前に自転車で転んで大怪我をしてしまい、衣装も変更したりとバタバタでしたが結果的にはとても楽しいショーとなりました。

ダンサーさんも9月からレッスンを持っていただくAzarahちゃんと、ダンスアラベスク所属のYumi☆Koyabuさん、Shaminさんと全部で4人!!

大興奮の夜となりました。。


個人演目は
一部はEshta ya Amar
発表会で土曜イレブンが踊った曲です。
私が踊ると『甘い月』にはならないんだよなー(笑)。それは分かっているのですが大好きな曲、自分が遊べる曲で踊りたかったので。。やっぱり甘くはならなかったと思います。すみません。。でも気持ちよかった!!!
いつか甘い月が表現できたらいいなぁ。(年齢に関係なく)



二部では
Mariovsca Tresenica
こちらははじめて踊る曲でしたが、
調べてみてやっぱり、、という感じ。マケドニアの曲でした。
とにかく、なんでだかわからないけどブルガリアとかにちかい地方の曲にやたらと興奮します。。
今回は事前に見たこの動画にかなり影響されまして、メインメロディでは基本のステップを作って固定して踊ってみました。
あと、頭の飾りも影響されまくりました。(実際には踊りも衣装も全く違いますけど)

http://m.youtube.com/watch?v=_64dOMFSTio&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D_64dOMFSTio


好きです。だんだんテンションがあがるフォークロア。
今回かなりテンションあがってしまいました。足裏が見えまくりできっとお見苦しかったかと。。すみませんでしたm(_ _)m


もちろん、毎回そうですが他にも反省点はたくさん。

でも、次につながる反省になるようにまた日々練習に励みたいと思います!!

今週土曜からクラスを持っていただくアザーラさん!
素敵だったでしょー!!?
バンマスのケンさんが「彼女が出てくるとひとすじの光が射すようなかんじがする」
と言っていましたがまさにその通り!!光が似合う!!

シャミーンさん、Yumi☆Koyabuさんの踊りもほんとに素敵で
本番が見れないのが本当に本当に残念でした。
これが共演の悲しさ。
でも、本当にご一緒できて嬉しかったです!!

ありがとうございました!!!




生演奏最高!!!
アラディーンばんざーい!


豪雨の続く神戸にて
2013年9月3日
YOSSY


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://studio-titi.jugem.jp/trackback/1017
TRACKBACK